たったひとりの反乱

市民の力で、議会を『かくめい』する。

■三つの『かくめい』を

  • 見る
    行政や議会の情報を見えるようにする
  • 聞く
    子どもたちやお年よりの声が聞こえる『まち』
  • 言う
    『まち』の未来が語れる

『まち』の未来が見えない。議会の話が聞こえない。
合併して、まちの政治が遠くなった。

突然の街頭。パーメガひとつと、ビラが2種類。手書きのポスター。
選挙、2週間前に。

そんな妄想に浸っている。

市議選挙

市議選挙への参加は絶望的になった。
もともと4年前の結果から今日の事態は判っていたこと、決まっていたことだった。幻想を持った自分が情けない。

もし参加を考えるなら、離党して無所属からの参加しか方法はない。

離党できるか。何故、党にこだわるのか?何故議員になりたがるのか?

政治を変えたいという思いは不遜な想いなのだろうか?

日本共産党第25回大会決議案

大会決議案が発表された。

こちら

第10回中央委員会総会/日本共産党/2009

ネットへの言及を探したところ、『(18)参議院選挙の目標と方針について』の中で少し触れられている。「・・・・インターネットの活用を重視し、取り組みを抜本的に強化し、双方向での情報発信を行う。」とある。

更なるネット、Webの利用を期待したいところだ。

だって、世間はクラウドコンピューティングの時代に突入しているんだもの。

多数派への道も、開かれた共産党も、可能性の方策を示して欲しい。

議員とは

地方自治体の中で、日本共産党の議員とはどうなの?
政治を変えたいという思いは、地方政治においても同じことではないだろうか。

「簡単には変わらん」、そんなことで良いのだろうか。変えるべきことを継続的に働きつづける、いい続けることが必要ではないのか。「議会の多数を得ての変革」こそが目的であり、手段ではないのか。

大きな失望を感じてしまった。これからどうすべきか。

三豊市議員選挙

三豊市市議会議員の選挙まで後2ヶ月をきった。
悩ましいながらもどうしようもないのだろうか?

「たたかいにこそ前進あり」との言葉は何を意味するのか?たたかいに眼を背けることは正しいのだろうか。2から1に減ること。。。。

空しさを感じる。
本当にこれでいいのだろうか。

前回、市長市議選挙の結果。

総選挙の結果

ポラリス?ある日本共産党支部のブログ 【 総選挙の結果について 】 2009/8/31 (公式見解)

ポラリス?ある日本共産党支部のブログ 小選挙区の立候補が半減しても比例代表の得票数を維持できた!

今回の選挙結果については、戦略的な意味での総括が必要なのではないだろうか。

ネット選挙についても、民主党政権下で、新たな方向が現実化する予感がする。

日本共産党